法人印とは

法人印とは、用途によって3種類の印鑑があります。

法人印(実印)

法務局に登記し会社の実印として認定される
法人文書に使用される印章で,その印影を押すことにより
当該文書が真正なものであることを認証することを
目的とするものをいう。


銀行印

会社の銀行用として用いられる
直接、金銭を動かすときに使うので実印同様、重要な印鑑です。
法人印との併用は可能ですが、実印の頻度が非常に高くなり実印の磨滅につながり、
将来の印鑑証明の取得に不自由をきたす原因になると思われます。
できれば、別に持ちたいものです。


角印

社名を刻したもので、契約書・領収書・納品書・その他一般的な
文章の認印として用います。
別名、社印とも言います。


| 印鑑
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。